気ままなsimplenaturalらいふ

断捨離をきっかけにシンプルでナチュラルな生活を送りたいと 思うようになりました。ゆる~く節約していきます。

カテゴリ: 落書き版

我が家はよくTVが映らなくなります。
特に今回はひどいです。
火曜日、木曜日以外は全く映ってくれません。
今まで何度かアンテナをみてもらってるのに・・・
こんなことならブラウン管テレビの方がまだいい。
syouwa_tv_old


昔、年末のレコード大賞になると
よく停電してたけどね。

こんな時はパラビ~。
中学聖日記がきっかけでしたが
おかげでいろんなドラマを初めて観れます^^
今まで観てきたのは
世界の中心で愛を叫ぶ
逃げるは恥だが役に立つ
大恋愛
コウノドリ(吉田羊さん、まるで別人ですごい)

そして現在が
この世界の片隅に

みんな夫君のおすすめ。
この世界の片隅が一番おもしろい。

元をとってるよ

だけどGメン´75を探したけどなかった?
あの時の原田大二郎さんにハートでした。

今度、みなしごハッチひまわりも観よう。


あっというまに一年が終わろうとしています。
今年は全体的に穏やかで良い年になりました。

なんといっても10年に一回あるかないかの
ドラマにハマって、それがハッピーエンド
これがバッドエンドだったら年も越せませんでした(笑)

第七話を見ていたら隣で息子が
「ここの場面、爆笑した。るなちにパイ(でいいのかな)
おごっておきながら、置き去りにして。もて遊んで、ひどい男だな。
黒岩、ぶんなぐってやる!
俺だったら絶対そんなことしない」
 そ、そーかねぇ?

第10話。やはり晶君の家にあった原口さんの洋服と
同じようなレインボーカラー。
ハンガーにかかっていたので洋服??
しかもゆっくりと二回も流して見せてるのよ・・・
まさか、原口さんが住んでるの?(笑))))

あれ、パラビでは誓約書の「平成」消えてる?
単なる制作側のミスだったんだ?
平成2018年・・・聖ちゃんのミスかわざと間違えたと
思ってタわ。この流れでも良かったのに。
では愛子さんが手で隠した(覆った)のは気をきかせてただけってことね。
おっもしれー。すごいわ、愛子さん。

来年はこのドラマで初めて知った吉田さんと有村さんの
ドラマ観よう^-^


そして
家族旅行も二回行くこともできました。
決して当たり前のことではないのですが
何より健康で元気に一年過ごせたことが
一番でした。

ブログも毎日更新できました。
見に来ていただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします(なぬっ?まだやる気?)。
良いお年をお迎え下さいね。











「中学聖日記」最終話に寄せて。
夕日と海をバッグにハグ。美しいシルエットは
やはり冬ソナ^-^
いいんです。ドラマはドラマらしくでいいーんです。

この回の主役はやはり原口さんでしょ~
一番泣けた部分でもあります。
性格上、弱いところを見せる女性ではないけど
聖から「赤ちゃんの方が大事」と言われた原口さんの
目に涙が・・・うう”ぅこっちが泣けてくる。

そして粋な計らいをしてくれる原口さん。
観覧車とはであります。

晶が観覧車の中の聖に向かって大声で叫ぶシーンは
おお~体育系じゃんっ。さすが野球部だっただけのことはある。
もう「聖ちゃん」と呼んでたしね。

あの狂気沙汰のような愛子さんも
あそこまでやらせることによって
ただ、好きなだけではダメなんだよと。
現実的に描いてくれました。
それはそれは厳しい母親の愛情なのであった。。。
聖ちゃんのお姑さんが愛子さんになる日も近い

それにしても
岡田君、中学生から高校生になり
社会人になり大変だったでしょうね。。。
ラスト、あんなにやせ細ってというかコケて(笑)
これも役づくりだったら凄いね。

実際の彼は黒岩晶とイメージが違い
ソフトで落ち着いているように見受けられます。
やはり黒岩晶は演技だった。凄い。
振り返れば前半は中学生に見える。
撮影の裏話として窓を閉めた教室に学生服は
相当暑かったらしく「あちぃな~」と言ってた箇所が
普通の子なんだと思いました


思春期特有の好きな人へのイラっとくる感情わかる、わかる。
上目使いや椅子からひっくり返って「黒岩~」って
言われるところが一番好き。一話が一番好きだなぁ私。
男女、年齢問わず好かれることはとっても強みになりますね。
芸能界の変な色に染まらないで欲しいと願ってしまう。

原作4巻まで読んだけど・・・てか。
・・・つかというセリフ多くて
昭和人間にはついていけへん><
てかドラマでは頻繁に使われていなくて良かった^^;


夫君、ビデオ借りようと見ていたら、この主題歌流れてきて
女子高校生が大きな声で「あなたを~~」と歌い出したんだって。
もう気持ちこめて歌っていたので
自分の行為が恥ずかしくなってきて
結局、借りずに帰って来たんだってょ←あほっ
おそるべし中学聖日記。

でも私たちも長い間7,8年の遠距離恋愛の純愛だったんだ。。。
そーいえば赤いウィンドブレーカー似合っていたよ。
晶君のような髪型だったしと。
もうちょっと優しくしようか。今だけ。。。










カウントダウンが始まりました。
師走ではありません。
いよいよ明日、「中学聖日記」最終話。
はぁー切ない。

このドラマの予告は予告詐欺と言われるほど。
予告見ただけではまったく見当も予想もできません。
加えてドラマの中にヒントが隠されてるらしいという
明智小五郎君になってしまうのである。

私もみつけてしまった・・・
原口さんの洋服と晶君の家にあった傘?の模様(虹色?)が同じ
だったような。。。確認していないので間違ってるかも知れませんが
原口さんがキーパーソンには違いない。
(追記:確認しました。傘ではなく、ハンガーにかかっていたので
洋服っぽいです?)

何故、母親は異常までに拒否するのだろうか。
警察への通報者は母親と思った。
キャンパスの後ろ姿が妙に怖かったから^^;
弁護士もだとしたらこれはもう完全にアウト。
深い事情があるのか?いろいろ妄想できる^^
考えすぎか(* ̄∇ ̄*)

聖と晶別れてそれぞれの道を行く。
これはダメ。なんのために再会があったのか。
晶のお父さんの登場も無駄になる。

かけおち?心中?後追い自殺?の可能性かなり低そう。

晶が星か虹になってしまう。
一番最悪パターン。死を美しいものとしてはダメ。
ただ、あやふやな描写になるかも知れない。
視聴者の想像におまかせ?みたいな。

晶の死は続編の期待もなくなる。原作はまだ完結していないのに。
ファンタジーとしてならあり得るけど全く別物になってしまう。

私達も幸せになれるのはただひとつ。
みんなが願ってるのは
一度、また別れるがそれは未来に向かって。
そしてあの洞窟でばったり再会。
もうこれしかないっ(笑)

一時間枠しかなかったら
あれもこれもなんて無理だし。
もういいっ!腹くくった。
早く終わってくれ~。


何故晶が「聖ちゃん」と言わなくなったか。
多分それは作り手があくまで教師と生徒という立場を強調したかったのでは?
現に「教師と生徒の恋愛を肯定するようなものではない」というような
内容をどこかで読んだ記憶があるから。
そうだよ、批判的な人だっているし。社会的にが条件のようだ。

だけどドラマの最終話って意外とおもしろくなかったりする。
最終話ってほんと大事なんです。

今までいろんなラブストーリーがありました。
奥様は18歳。懐かしい。

101回目のプロポーズや
男女七人夏物語
高校教師
魔女の条件などなど。
まともに観ていないけど^^;
何故なら自分にあてはめにくいからだと思う。
ドラマの世界だと冷めて見れる。


私が心に今でも残ってるのは
10代ー「赤い疑惑」
30代ー「東京ラブストーリー」
40代ー「冬のソナタ」
そして50代、今回の「中学聖日記」
感情移入しやすいのだと思う。
10年に一回あればいい方かな。

自分って気持ち悪いほど若いナ













TVドラマの
公式ページのファンメッセージって
チェック入れてるよね。
すぐ反映されない。

私も書き込んだの。
何故ならスタッフも読むだろうと思ったから。
良いドラマつくっていってもらいたいから。

だけどショック・・・削除された様子。
(どことは言いませんが、このブログ見てる人は
わかりますよね^^;)
場所が違ったなと後で思いましたが。

だけど
え?そんなに悪いこと書いたっけ?

ただ、ドラマ最終話の予想と(これはみんな書いてるよね)
手法について、こういう表現方法になるかもね的な内容。
って、ことはビンゴだから削除したのかなぁ?
(ちらっとそういった人もいたようです)
最終話が別の意味で楽しみになってきましたよ~。

あそこはファンページだから
当り障りのない内容ばかりでしょ。
多分、批判的なことは削除してますね。
いや、私は絶対批判的なことは書いてませんって。
だけど都合悪い箇所があったんでしょうね。タブーだったかな。
ちょい禁句言ってたりしてね
自分でも多分、ここだろうなとわかります^^。
異質すぎましたね私。(笑)。


以前NHKのある番組で取材受けたことがあるんだけど、
その記事が自分とは思えないほど
立派に編集されていて・・・。さすがだわと思いましたわよ。
あの時、思ったの。そういう世界なんだと。
私はいいことだったから良かったけど、芸能人の方たちは
大変だと。

やっぱり自分のブログは自由でいいね!(笑)
あ、これも削除される?
自分で消す。。。

夫君が原作本、レンタルしてくれたので
読んでいくことになりました。

断捨離のことを考えれば
ネットでも動画も写真も見れるから。
















このページのトップヘ