気ままなsimplenaturalらいふ

断捨離をきっかけにシンプルでナチュラルな生活を送りたいと 思うようになりました。ゆる~く節約していきます。

カテゴリ: 日記・雑記

お尻の痛みはあの骨折したような痛みから
神経痛のような痛みになって、尻もちついた当初に
戻ったような感覚。

だけど、なんか変な痛みで
お風呂に入った時に自分の腰の部分の骨が気になったので
残っていた湿布を腰から尾骶骨にかけて貼ったら
これがとても気持ち良く感じた。
痛いと思った箇所を貼るよりも効果あるみたい?

医師と意思疎通ができないようであれば
他へ行ってみようと思いました。

ところが、今回は様子が変わり
レントゲンも数枚撮ってくれました。
打撲ならもう治ってもいいはず。
やはり思った通り、骨にヒビが入っていました。
道理で
電気なんて当てたって意味ないはずだわ

「最初、お尻が痛いと言ってたでしょう」と言われ
私の伝え方に問題あったのかなぁ?と。
てっきり、尻もちついて尻が痛いと言えば
その周辺を撮ると思うのだけど
ほんとやはり尻しか撮っていなかったんだね。
これをドン尻という(笑)

でもこれで痛みの原因がはっきりわかって良かった。
模型を見せてしっかり説明受けました。
先生との信頼関係もやっと生まれた(^O^)

今年は当たり年かな。。。
この調子で宝くじでも当たるといいな
変なのばっかりに当たるよねぇ。。。


自分が疑問に思うことはどんどん聞くべきですね。
最悪の場合を想定して検査してくれる医師もいれば
患者の言ったことしか判断できない医師もいる。

そして、自分の専門分野が違えばわからないものです。
そのため、科をたらい回しにされる。

ようは自分を守るのは自分しかできないってことになる。

昔って、総合的に診てくれる医師もいたような
記憶もあるのだけど?







骨折の部分の骨はだいぶくっついてきました。
軽いものなら持てます。
骨はくっつくの待つしかないし。
もちかちて、おちりの方が重症だったりちて?
一時期はテラノザウルスのような歩き方でした。

私がかかってる医院は
なんだかまだレントゲンも昭和的。
これはこれで古風があって嫌いではありません。

先日のお尻の注射で異常な痛さを
医師に告げたら
どの辺?と聞いたので「注射を受けたのはこの辺あたり。」
そしたら看護婦さんと一緒になって
「そこは、注射してませんよ」とムキになって
言うではありませんか?
え?なに?打ってはいけない箇所なのか?
余計に不安になってきた
確かに二回打った時と違う場所の気がして、長く感じたのですが?
あ、あのー、、、注射していない、見てもいないお二人に
「していない」と言われても不思議な気が・・・

「注射のせいにされると注射するのがこわくなりますよ」と先生。
ちょ、待てよ(キムタク風)。それ私が言うセリフ(笑)
「私もこわいので、注射はいいですー。自然に治るの待ちます」と
笑うしかありませんでしたわ。エルカト二ン注射。
腕は痛み止めのザルソロイチン静注もしたくなかったけど
そこまで拒む必要ないかなと?

注射が原因ではなく、転んだから痛いんでしょうと。。。
確かに。
転ばなければ痛くなることはなかったんですから。
先生、正論すぎますって


行くと必ず診察の前に電気を当てるだけと注射二本。
電気もお断りました。
私には全く効果ないのでね。時間とお金の無駄ですもん。
湿布もいりません。

それなのに帰り際また「電気通していきませんか」と
勧誘するのだ。もう勧誘としか思えん


こっちの質問に答えようとしてくれないし。
運転してもいいかと聞いても首かしげるばかり。
せめて社交辞令でも「無理しない程度に」くらいは言って

今の時代は患者さんに丁寧な説明をし、納得されたうえで
治療していくってのが浸透してるのに。

やはりね、腕がいい悪いとかの問題じゃないんです。
患者の声に耳を傾けてくれて
目を向いて話してくれるだけで安心なんですょ。


待合室でご年配の方の賑やかな会話聞くと
「注射して痛くなって、もう一回注射した」とか
「注射の数がだんだん増えてきた」とか
楽しそうに言ってるんですけどぉ?
それ聞いて私はもっと怖くなりました
悪いですがそれは死ぬまで治りませんから~~。

国の財政を圧迫する医療費はこういうことも原因でわ?

ところで先生、骨粗鬆もいいのですが
私の骨密度は今いくつなんでしょう?
検査できないなら紹介状書いてもらって
他の医療機関に行こうかしらん。
だけど
何もしない方が調子イイみたいだ。
変な体だな私って。











まだ夢の中の出来事のようだ・・・
今朝、いつも通り5時過ぎに起きると
キッチンに朝刊がいつも通りに置かれてあった。
これは爺様の日常的行動。

あれ、爺様起きてこないのかな?
また寝るってことはまずない。

あ、起きて来た。
顔を見てすぐいつもと違うとわかった。覇気がない。
いつもなら「おはよう」と言ってくれるのに。
ふらついて、私の顔見てもぼーっとしてる。
時計を見ても何時かわからないようだ。
この時、私は本当にこわかった。

寒いのに戸を閉めようとしない。
トイレから出て来たらトイレのスリッパを片方だけ履いてる。
間違いなく認知症だ!そう直感した。
数日前、二日ほどそういうのを夢でみて正夢になろうとは。。。
涙があふれてきた。

だけど冷静になってみると認知症ってある日突然発症するものか?
兆候とか前触れあるのでは?
前日までは普段と全く変わらなかったのに?
それとも私が気づいてあげていなかったの?

ネットで調べてみた。
もしかして、これかも知れない!この症状に近い。
意識失って倒れることはあっても今回のようなことは初めてだったので
ネットで調べていなかったら間違った判断していたに違いない。
もちろん、ネット情報は正しいものばかりではなく
素人判断は危険だけれど
今まで何度か救われてかきたこともあった。

爺様とゆっくり会話すると
自分が起きて着替えて、新聞取りに行ったことだけは覚えていない。
後は少しずつ記憶が戻って、現在はいつもの爺様だ。
このまま注意深く観察していくけど認知症とは違うような気がする。
発症する確率は低くはないけど。

いつ、誰に何が起きるかわからない。
準備だけはしておかなくては。

何ごともなく過ぎていく日常がなんと平穏なことなんだろう。
こうして生きてるだけでも奇跡のようなもの。

今朝の出来事で私の痛みはすっ飛んでしまっていた。(笑)



久しぶりに夫君の後にくっついて外へ出て来ました。
まだお尻が痛くてぎこちない歩き方で
ものまね芸人のコロッケみたいだと言われてます

今日はバレンタインデーですね
チョコレートらーめんを食べてきました。
ちょっと変わっていたけどおいしかったです。

別ブログ 🍫チョコレートらーめん🍜

さて、ブログ村でのカテゴリーを変更しました。
今年の夏で50代も終わり・・・
ファッションもアンテナをはっていきますが
洋服も一旦、落ち着いてきて
トラコミュでも活用できるので。
でも気まぐれなのでどうなるかわかりませんが。

今日のプチ断捨離はネックレスとブレスレット
DSC_4298







ニトリや無印は好きですが家具となると微妙。。。
ほとんどが組み立てだからです。
これにはほんと困ったものです。
やはり完成品には負けてしまうのですTT

まぁ、お金さえ出せば組み立ててもらえるのも
ありますが。

セシールでイメージしていたものがあったので
購入しました。

届くのは今月末頃。
割引になっていて、更にくじで10%引きが当たったので
良かった。
洋服も2月はお買い得ですよね。


購入したのはこちら。
モダンカラーチェスト
夫君の部屋に。うーん、私が使いたいナ。
85209VC-1174_D1
こちらは脚と取っ手の取り付けのようなので
簡単ですね。
なんとなく北欧っぽい?
家具は背の低いものを選ぶと部屋を広く見せてくれる効果があります。

届いたらまた報告します。




このページのトップヘ