襟ぐりの広い洋服が多いですね。
シニア世代は肌を露出すぎるのにも
抵抗ありますし、
つけ襟も酷暑の夏においては暑くも感じる。
だからといって隠すしてばかりでは
逆にスッキリ見えません。

そんな時、数年前からいつも使ってるのが
しまむらのガーゼマフラー。
長すぎず、短すぎず合わせやすいのです。

掃除の時の汗拭き、髪が長い時には結んだりと
二枚買っておいて大正解でした。

肩まで出そうなトップスも
これを首にかけておけば
紫外線防止対策にもなる。
DSC_9278



洗顔泡立てネットのリングを
活用しています。
簡単に留める位置を動かせて
変えれば印象も変化。
DSC_9275


毎日使うのでスタンドミラーに
無印良品のフックをかけています。
出かける前にパッと巻いてチェック。

DSC_9287
半袖のTシャツでも袖が短いものは
アームでカバーすれば
まだまだ着れそうです。


もうひとつ、キャミワンピ見ていて感じたのは
スリットが入ってるものが多い。
動きやすくていいのですが
BBAちゃんの生足スリット入り・・・
誰が見たいと思うでしょうか
私にはこの中途半端さが年齢的にも合いません。

どうせなら大胆に深くスリット入れてくれた方が
重ね着した時に縦長効果を得ることができます。

身長の低い人や高齢者のために考えられてる
ファッションがあまりにも少ないと思います。

最近、左肩を上げるのが痛くて
着脱がきついこともあります。
着やすい服というのも変化していきそうです。