炊事手袋4代目になります。

1代目エステーうす手
スーパーで気軽に安く買えることもあって
ずっと何年も使っていました。
右手の指先が破れるのが早く
裏返して左右逆に使って
できるだけ長持ちさせていました。

真っ白な炊事手袋を使いたくて
2代目セリアのニトリル手袋薄手を使いました。
使っているうちに色の変色が早く
白だけあって見事に目立ちすぎました。

3代目がショーワグローブのビニトップ薄手
色の変色も少なく
これが一番かなと思いましたが
丈夫なのをいいことに
破れるまで使おうとするとさすがに手袋も縮んできて
脱着がスムーズにはいかなくなりますよねぇ。
破けなくても
カチコチになったら替え時よねぇやっぱり。。。

使用後は手洗いと同じように石鹸で洗ってあげる・・・
きゃー、ごめんなさい。
怠っていましたわ




そして
4代目が現在使っているセリアの天然ゴム中厚手
薄手に比べてもそんなに差はないですね。

DSC_7451

手袋は全てMサイズを選んでるのですが
こちらは大きめのせいか脱着しやすいです。
全体的に滑り止め加工
DSC_7534


ホワイトとありますが
真っ白ではなくクリームっぽい
アイボリーに近い色なので
汚く黄ばむ頃には、かたくなるだろうし
替え時になるかも知れません。
でも
毎日使って三ヶ月はもたせたいなぁ。

5代目に続くことになるのか!?
たかが炊事手袋ごときで大袈裟ですのぅ